インプラント療法の流れ

初診
ご要望をお聞きし、一般的なインプラント療法の概念と治療の可能性をお話します。 現在他科に通院中の方は病歴や病態、服用中の薬についておたずねします。診断とご相談だけのコースを経た方は一部省略があります。
術前検査
安全で適切なインプラント療法を行うための諸検査です。
  1. 歯科一般の健診と口腔内の画像撮影・現状の型採り・CTおよびパノラマ等のX線撮影を行います。
  2. 採血では一般健診項目以外にインプラントで必要な骨マーカーや骨塩定量検査、手術に先がけて出血・止血傾向および代謝系機能等についても詳細な検査を行います。
  3. 心肺循環系のパラメータのうち、血圧・脈拍数・心電図・動脈血酸素飽和度などの測定値を評価し、手術中の基準値を検討します。
治療計画
諸検査の評価を経て健康状態・時間的・経済的要素等を重視しながら、治療の優先順位を考えて最適のインプラント療法を立案します。 この計画立案には患者さんもご一緒になり、ご意見をうかがいながら進めます。この時十分に時間をかけてご自分の口の中の様態と従来の治療との因果関係についても正しい認識を持っていただきます。
どのような症例でも相互に理解を深めた上で、完治を目指して全力を尽してアタックしていくことが大切と考えています。
術前歯科治療
インプラントの手術が必ず成功するように口腔内環境を整えます。 口腔内の衛生管理(歯周病への対応,ブラッシング指導,咬み合わせ等)に始まり、現在不自由を感じておられるところや療養中に悪化が予想される部位の処置をします。とくに咬み合わせは精査し、残った歯が咬み易いように調整します。
インプラント埋入手術前の検討
術式 術前諸検査のすべてのデータと初診時におたずねした病歴,病態,服用薬物などから手術の方法を総合的に判断します。この時はスタッフ全員が患者さんの様態について共通認識を持つようにスタッフとミーティングを行い意見を出し合います。結果は患者さんにもお伝えし、ご希望があれば反映させていきます。 
CT画像によるシミュレーション CT画像や歯型で埋入部位の骨の状態を確かめます。CT画像上でインプラントの埋入方向,深さ,直径等について何通りもシミュレーションを行い、最適な埋入方法と材料等を検討します。このとき、単にCT画像上で見る骨のボリュームだけでなく、骨のマーカーの検査値、骨塩定量検査の値、咬合様式、年齢・性別等も反映させて考えます。

抜歯と同時にインプラントを埋入する症例や、造骨材を適用する症例ではさらに慎重にシミュレーションを重ねます。しかし、その画像を手術に活かすためには解剖学に基づいた読影力と経験が欠かせません。シミュレーションを繰り返しているうちに他の歯の疾患や、決して傷つけてはいけない血管や神経、隣接器管等が明らかになり、安全で適切な手術につながります。適切な手術は腫れ・痛みも少なく、あっても短期で治っていきます。
手術当日
静脈内鎮静法 手術当日には食事や水分摂取の制限は特に不要です。普通どおりでご来院していただきます。手術にともなう不安・緊張等の精神的なストレス、加えて痛い,辛い,時間が長い等の肉体的なストレスは、心身共に大きな負担になります。そこで点滴を通して適量の鎮静薬を作用させる静脈内鎮静法は、ほとんど眠っている状態で手術が完了します。ストレスフリーのために血圧も脈拍数も安定した状態で心電図異常も起こりにくく、手術の安全性が確保されます。術後は1時間程度で歩行可能になります。看護師も常勤で全スタッフがAHA(米国心臓協会)のACLS(2次救命まで可)を取得しています。

高齢者や有病者も多い中、個々の検査値や病歴を熟知して施術していますので現在までに救急薬等で対処した例は1例もありません。2001年3月以後2012年12月までに静脈内鎮静法でインプラントの手術をされた方は817名になりました。うち男性368名・女性449名で平均年齢は56±9歳で、すべての症例は終始Video Overlay Monitoring System(VOLMS)という画像収録システムに収録され可視化されています。VOLMSの大型スクリーンにはリアルタイムで血圧・脈拍数・心電図・麻酔量なども字幕で示されますので危険を見逃すことがありません。

手術期間(周術期)中の変動はオートチャートで見ており、その解析は手術が完了すると同時に完了します。どなたもきわめて安定した状態で手術が完了したことがデータ上でもはっきりしています。今では局所麻酔のみでがまんしながらの手術を希望する方はおられなくなりました。医療の安全・安心が確保できることがはっきりしましたので研究にも励みが出てきました。私がソフトからハードまで自力で開発した「静脈内鎮静法施行システム」も完成度が高まり、VOLMSやオートチャート等のディスプレイと相まって、さらに快適性と安全性が高まっています。 手術の様子
研究棟の前
術後管理
手術したら完全に成功するように管理します。 これを術後管理といいますが、手術後は腫れ,痛み,出血等ができるだけ少なくなるように数種類の薬を使い分けます。せっかく埋入したインプラントが良好な治癒機転をたどるためには、細心の注意と質の高い観察力を要します。術前検査で代謝機能を診ているので薬をお出しするときには副作用との関連も十分にわかって選択しています。インプラントは化膿したら不成功(脱落)に終ります。異常に癒着期間が延びるようなインプラントは、実際に被せ物を作り機能を与えるとすぐに不調が現れ、結果的に短命です。患者さんの社会活動を考えて早目の仮歯等、あらゆる方法で完了までの不快感を和らげながら早く良く治るようなノウハウの全てを提供します。
完成
順調に治っていけば通常、手術から数か月後にはインプラントに被せ物を装着し、いよいよ失った歯に代わって機能を発揮させることになります。 当初は自然の顎の運動方向に逆らわないように、また咬み易くするように調整をくり返します。ご本人が気付かない異常な咬み合わせが認められれば正常化に向けて治していきます。この時期はあまり期間を空けずに調整を続けていき、徐々に慣れていただく間にインプラントの清掃方法等も身につけていただきます。不具合にお感じになるところは次のアポイントまでお待ちにならずに早目にお知らせいただきます。

インプラントは心身はもちろん、時間的、経済的なご負担が大きく、また期待されるところも大きい治療法ですから、結果が悪ければ個人的には大変なご迷惑をおかけすることになり、社会問題にもなりかねません。長くインプラントに携わってきた者として、埋入するインプラントの1本1本がどなたにも必ず良い結果を生み、失われた口腔機能を確実に取戻すという強い責務を感じます。
定期的な診査
当診療所で施術したインプラントが早期に不調になることはきわめて稀です。 しかしインプラントも歯も休みなく機能しているものですし、歯肉や顎の骨の健全性も加齢と共に損なわれがちです。咬み合わせもご自分の歯や被せ物の磨耗によって変わってきます。虫歯や歯周病が新たに始まっているかも知れません。そこでインプラントを含めた口腔内環境を常に良好に保ち、治療した効果がいつまでも続くことを願って定期的な診査を実行しています。定期診査の間隔はインプラント療法が完了した時期から1ヶ月,3ヶ月,6ヶ月,1年とその都度正常を確認できれば、段々に長くしていきます。その間インプラントでもご自分の歯でも不調や異和感を一時的にでも感じられた時には必ずご一報下さい。最優先で拝見することにしています。
インプラントのお問合せはこちら

pagetop